STAFFブログ

2022-02-19 11:23:00

こんにちは!今日の髪豆知識👀

今日はキューティクルについてです。

キューティクルとは髪の毛の表面にある保護膜のような存在です。ウロコ状になっており、キューティクルがしまっていると髪がある程度傷んでいてもツヤのある綺麗な髪に見えます。また、髪内部の栄養が外に出るのを防いでくれます。逆に、例え健康な髪でもキューティクルが開いていたら手触りが悪かったりパサパサして傷んでいるように見えたり、髪の中の成分が出ていき傷んでいく原因に、、、😱

635477.jpg

 キューティクルが開く原因は様々です。

  • 摩擦(髪を無理やりとかしたり、シャンプーが十分に泡立っていない状態でゴシゴシする場合)
  • 自然乾燥(シャンプー後にドライヤーで乾かさなかったり、生乾きの場合)
  • オーバードライ(ドライヤーで乾かしすぎの場合)
  • コテ、アイロンによる熱ダメージ
  • 紫外線

キューティクルは濡れているときが一番デリケートな状態なので髪が濡れている時間が長いほどダメージしやすくなります。

キューティクルが開いたままだと、上記の開く原因になった行動でキューティクルが剥がれ落ち髪内部の栄養が抜けていき髪がさらに傷み、枝毛や切れ毛の原因に😭

2006624.jpg

 対策として、

  1. シャンプー中はしっかりと泡立たせたる。
  2. シャンプー後はドライヤーを使用してぬれたままにしない
  3. ドライヤー前にヘアオイルやクリームを使用する。
  4. コテ・アイロンの温度を高くしすぎない、髪が濡れているときに使用しない
  5. UVカットスプレーを使用する。

 

皆さんも参考にしてみてください